トピックス

トピックス

野良ロボットを発生させないために気を付けること

野良ロボットを発生させないために気を付けること

RPAを運用していてしばらくたつと出てくる課題として「野良ロボット」が発生するということが良く挙げられる。野良ロボットとは、管理者がいないソフトウェアロボットの事で、動作していることが組織から把握されないロボットの事である。

RPAによる時間効率化の目標はどれくらいが適切なの?

RPAによる時間効率化の目標はどれくらいが適切なの?

RPAの事例で良く出てくるのが「RPAを〇〇の業務に適用したことにより年間△△時間の業務を削減」という見出しである。この「年間△△時間」という数字、発表される事例によって50万時間などという巨大な数字から、74時間といった小さな数字まで、事例によって記載されている数字の大きさや桁は様々である。...

RPAとは?

RPAとは?

2017年初頭くらいからRPA(ロボティック・プロセス・オートメーション:Robotic Process Automation)を導入する企業が増えている。日本における企業のRPA導入率は38%、大手企業に限定すると51%に達している。RPAは今までの自動化と何が違うのか?また、日本はRPA導...

RPAの価格感は?

RPAの価格感は?

RPAツールは様々な種類のものがあり、国産や海外からの製品も含め多種多様な製品が市場に出ている。売上シェアで見た主要な製品で5製品、国産の様々な製品も加えると20~30種類も存在する。また、玉石混交の類似の自動化ツールや無償のツールまで含めると、さらに多くの種類が存在する。そのため、価格帯もい...

テレワーク環境でのRPA運用に求められることとは?

テレワーク環境でのRPA運用に求められることとは?

新型コロナ禍で緊急事態宣言突入後、テレワーク/リモートワーク実施率は倍増、東京都内では6割が実施したといわれている。緊急事態宣言が解除された今でも、大手IT企業を中心にそのままテレワークを継続しているところは多い。

事業継続のためのRPA無償支援サービスのまとめ

事業継続のためのRPA無償支援サービスのまとめ

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、多くの企業・団体では事業継続対策として、まずテレワークを実施するためのソフトウェア、パソコン、ネットワーク等の導入を実施した。そしてテレワークを実施してみて、リモートでは実施できない紙と印鑑による稟議等の業務をデジタル化する必然性に気付いた企業・団体が、捺印...

今後の事業継続に備えるべきIT環境とは?

今後の事業継続に備えるべきIT環境とは?

新型コロナウイルスと共存しながら経済活動を再開していくフェーズにある日本の企業では、どのようなことを考えているのだろうか。調査会社のITRが5月中旬、企業のIT動向に関する影響調査の結果を公表した。調査は2020年4月24日から同月27日にかけて実施されたものだ。

RPA導入後の企業の共通の悩みとは?

RPA導入後の企業の共通の悩みとは?

RPA導入の成果に満足をしている企業はまだ少ないと言える実態が浮かび上がってくる。何が満足度の差に影響しているのか。また、現状で満足していない企業が満足する結果を出すにはどうすればいいのか。

RPAで突発業務をやっつける!新型コロナ禍での活用事例

RPAで突発業務をやっつける!新型コロナ禍での活用事例

2020年5月22日: コロナウイルス感染症が拡大する中で、組織や企業は例年ではありえないようなさまざまな突発業務をこなす必要が出てきている。たとえば、ある組織では新型コロナウイルス感染者数の集計と公開に追われることになった。加えて多くのサイトで公開されている情報を都度集めて加工、グラフにする...

ポストコロナの働き方はどうなる?

ポストコロナの働き方はどうなる?

この1~2カ月の間で、いままでの生活は大きく変わってしまった。新型コロナ前は東京オリンピックに向けて制度こそ作りつつあったもののなかなか実施までたどり着けていない企業が多かったテレワークも、緊急事態宣言が4月頭に出された前後で3回実施された厚生労働省/LINEの調査では、オフィスワーカーを中心...