エンタープライズ企業のための「次世代RPA」メディア

トピックス

税理士法人F様:税務関連書類の作成業務等をRPAで自動化。職員のストレスも軽減し、担当件数も3倍超に増加

税理士法人F様:税務関連書類の作成業務等をRPAで自動化。職員のストレスも軽減し、担当件数も3倍超に増加

税理士法人Fは、特殊な団体の税務申告業務を効率化するために、Automation AnywhereのRPAを導入しました。契約数の増加に伴う業務量の増大に悩んでいた同社では、最初に会計事務所向けクラウドグループウェアを導入して業務内容の見える化を実施。属人的な業務を標準化・マニュアル化したのち...

「現場の業務を完全自動化 AI搭載RPAツール Automation Anywhere Enterprise 開発・運用ガイド」(著:松本匡孝、田中 遼)

「現場の業務を完全自動化 AI搭載RPAツール Automation Anywhere Enterprise 開発・運用ガイド」(著:松本匡孝、田中 遼)

本書は日本で Automation Anywhereを利用するユーザーには待望の、初の日本語解説書である。単純なツールの利用説明にとどまらず、あくまでも業務改革、業務効率化における手段の一つとしてのRPA製品の特長、活用、運用方法を解説しているところに本書の特徴があるといってよいだろう。そのた...

ポストコロナの働き方はどうなる?

ポストコロナの働き方はどうなる?

この1~2カ月の間で、いままでの生活は大きく変わってしまった。新型コロナ前は東京オリンピックに向けて制度こそ作りつつあったもののなかなか実施までたどり着けていない企業が多かったテレワークも、緊急事態宣言が4月頭に出された前後で3回実施された厚生労働省/LINEの調査では、オフィスワーカーを中心...

コニカミノルタ、約200のロボットで年間2万時間以上の削減効果 RPAの自律的推進が「課題提起型デジタルカンパニー」への変革を牽引

コニカミノルタ、約200のロボットで年間2万時間以上の削減効果 RPAの自律的推進が「課題提起型デジタルカンパニー」への変革を牽引

2003年に経営統合して誕生したコニカミノルタ。複合機とともにお客様の働き方に合わせたサービス・ソリューションのご提案を行うオフィス事業を中核に、世界約150カ国、約200万社のお客様の業務の現場に、高付加価値な製

2020年代のRPAのトレンド~業務アプリ、機械学習、人間を協業させて効率性を追求

2020年代のRPAのトレンド~業務アプリ、機械学習、人間を協業させて効率性を追求

2016年頃から大きく注目され始めたRPAであるが、2020年代に入りトレンドも大きく進化しようとしている。コンピューター上のUI操作を自動化することで単純作業の効率化を進めてきたRPAであるが、一方単純なUI操作のみだと適用できる業務範囲が限られてしまう課題もある。