トピックス

トピックス

RPA ツールにおけるAPI 連携の切り札「CData Driver」をクラウドネイティブRPA Automation 360™ で活用する方法

RPA ツールにおけるAPI 連携の切り札「CData Driver」をクラウドネイティブRPA Automation 360™ で活用する方法

はじめに 昨今のRPA ツールはUI 上の操作だけでなく、API 側の操作もできるようにコネクタやアクションの提供が進んでいますね。 これにより、RPA ツールの課題として存在した「UI が変わったとき、ロボットが動かなくなるの?」といった懸念点が軽減され、より柔軟な業務プロセスのオートメー...

無料のAutomation Anywhere Community Editionセットアップ方法を簡単解説

無料のAutomation Anywhere Community Editionセットアップ方法を簡単解説

オートメーション・エニウェアでは、中小企業向けに無料で使えるクラウド型RPA、『Automation Anywhere Community Edition A2019』を提供している。オンラインで申し込むと5分で使い始めることができ、中小企業でのスキマ業務の自動化を支援する。RPAを無料で試し...

【2021年版】Automation Anywhere A2019の特長を簡単解説

【2021年版】Automation Anywhere A2019の特長を簡単解説

ロボティック・プロセス・オートメーション (RPA: Robotic Process Automation)のソフトウェアは日本市場では数十種類が利用できるが、ツールは主に2種類に分類できる。ひとつは主に個人のデスクトップPC上での生産性向上を行うためのデスクトップ型RPA (RDAとも言う)...

【2021年版6大RPA対応】RPAをオンラインで学習して資格を取るには?

【2021年版6大RPA対応】RPAをオンラインで学習して資格を取るには?

ロボティック・プロセス・オートメーション (Robotic Process Automation : RPA)は、エンジニアでなくても業務の自動化を簡単に行えるということで人気を博している。元々理系でもエンジニアでもなく、人事や業務改革などの仕事をしていたが、その後RPAの勉強をしていまはRP...

無料のRPAプラットフォーム Automation Anywhere Community Edition A2019を提供中

無料のRPAプラットフォーム Automation Anywhere Community Edition A2019を提供中

ビジネスプロセスを円滑に自動化することは、珍しいことではなく当然の流れであるべきだ。オートメーション・エニウェアはこれを実現するために、業界に先駆けて Web ベースでクラウド ネイティブのロボティック・プロセス・オートメーション (RPA) プラットフォーム、Enterprise A2019...