トピックス

トピックス

デジタルトランスフォーメーションを進める上でのペーパーレス化の正しい進め方とは (前編)

デジタルトランスフォーメーションを進める上でのペーパーレス化の正しい進め方とは (前編)

3月11日に行われたオンラインイベントリレー2021 Springウェビナーの基調講演では、Peaceful Morning株式会社の藤澤氏をモデレータとして、株式会社システムサポートの西村氏、株式会社Cogent Labsの岩瀬氏、オートメーション・エニウェア・ジャパンの佐野氏が、新型コロナ...

エベレストグループがグローバルのインテリジェント・ドキュメント・プロセッシング市場のリーダーを発表、日本市場との違いは?

エベレストグループがグローバルのインテリジェント・ドキュメント・プロセッシング市場のリーダーを発表、日本市場との違いは?

デジタルトランスフォーメーションの過程に欠かせないドキュメントのデジタル化。これに使われる、紙の情報をデジタルに取り込むツールは、日本ではAI-OCRなどと呼ばれているが、この呼び方は日本以外では通用しない。グローバルでは、より広い意味を含む単語として「インテリジェント・ドキュメント・プロセッ...

RPAはキャズムを越えられるのか

RPAはキャズムを越えられるのか

2017~2019年頃に比べると、注目度がひと段落したといわれるRPA (Robotic Process Automation: ロボティック プロセス オートメーション)。一方、2021年は、マイクロソフトがWindows 10向けにデスクトップ型RPAを追加費用無しで同梱したり、Servi...

今後のRPAの使われ方はどの方向に向かうのか?

今後のRPAの使われ方はどの方向に向かうのか?

2021年、この年はRPAの歴史において転機の年となるだろう。一番大きな出来事としては、3月にマイクロソフトがRPAであるPower Automate DesktopをすべてのWindows 10ユーザーが追加費用無しで利用できると発表したことである。いままで結構な値段を払わないと入手できなか...

RPA内製化は企業文化の変革

RPA内製化は企業文化の変革

組織でRPAの導入を行う際、その手法として外部委託/外注するか、内製化するか、の選択を迫られることになる。RPAを導入する際には内製化が推奨されていることもあるが、実際に内製化を実践した企業はどれくらい苦労して導入したのだろうか。また、内製化は結果的に成功したのであろうか。この記事では、内製化...

G2 Grid for RPA Winter 2021 でAutomation AnywhereとUiPathがリーダーの2強に選出

G2 Grid for RPA Winter 2021 でAutomation AnywhereとUiPathがリーダーの2強に選出

G2 Gridは、世界最大級のテックマーケットプレースのひとつであるG2が、ユーザーコミュニティの製品や製品ベンダーに対するレビューに基づいて顧客満足度と市場プレゼンスの点数を四象限に反映させたものだ。四半期ごとに分野ごとに表彰を行っているが、2021年冬のRPA分野の結果が公開されている。<...