導入事例

社内の課題を解決した企業様の事例をご紹介します。

ボッシュ、グローバルでのRPA標準としてAutomation Anywhereを選択、業務改善のツールとしてだけでなく、障害者の自己実現を強力に支援

ボッシュ、グローバルでのRPA標準としてAutomation Anywhereを選択、業務改善のツールとしてだけでなく、障害者の自己実現を強力に支援

世界トップクラスの自動車機器サプライヤーとしてグローバルに事業を展開、日本では1911年より事業を開始したボッシュ株式会社。自家用車や商用車、複合輸送サービスなどに活用される自動車関連機器を手掛けるモビリティ ソリューションズを中心に、産業機器テクノロジーやエネルギー・ビルディングテクノロジー...

RPAを知る

次世代RPA導入準備ガイド

第2回 従来のツールとの違いは…?

全社での大規模な活用を前提とした「次世代RPA」は、従来のツールとは大きく異なる特徴をもつ。RPAの全社導入を成功させるために欠かせない「実装」「実行」「拡張」の3つのポイントを「アル・ピエール博士」がわかりやすく解説します。

続きを読む

第3回 あらゆる場所に導入できるって本当?

あらゆるビジネスプロセスを自動化できる次世代RPA。そうは言っても実際にどのような業種や業務に活用できるのか…?。今回は「アル・ピエール博士」がその代表的な例をいくつかピックアップしながらご紹介します。

続きを読む

トピックス

【基調講演レポート】結局、自動化とは何か? デジタル化とは何か?~RPAで考える「ウィズコロナ時代のゲームルール」で勝つ方法~

【基調講演レポート】結局、自動化とは何か? デジタル化とは何か?~RPAで考える「ウィズコロナ時代のゲームルール」で勝つ方法~

10月12日に行われたオンラインイベントリレー2020 Autumnウェビナーの基調講演では、IT Mediaの内野氏をモデレータとして、株式会社圓窓の澤氏、大阪府箕面市前市長の倉田氏、コニカミノルタジャパンの藤塚氏、オートメーション・エニウェア・ジャパンの米田氏が、新型コロナで急速に進んでい...

ハイパーオートメーションとは?Gartnerは2021年も引き続き戦略的トップトレンドになると予測

ハイパーオートメーションとは?Gartnerは2021年も引き続き戦略的トップトレンドになると予測

調査会社のガートナーは、10月に企業や組織にとって重要なインパクトを持つ「戦略的テクノロジのトップトレンド」の2021年版を発表した。特にパンデミックによって、すべてが「デジタル・ファースト」であることが突然求められるようになり、企業の70%以上は、数十件のハイパーオートメーション・イニシアテ...

イベント・セミナー

金融機関様向けWebinarシリーズ: 自動化の機会を見逃さず、要件抽出のコミュニケーションを円滑に行うために -Discovery Bot でできること-

金融業界、他業界で大きく注目を集めるDiscovery Botへの、「本当にそんなにすごいものなのか?」「実際、どれだけ効果があるの?」といった疑問に対してお応えするために、金融業界経験者の講師がデモを交えながら、リアルで具体的な活用方法をご紹介します。

最先端のRPAとAI-OCRでリモート対応を実現する方法

テレワークの普及など会社に出社するという従来の働き方からの変化など、「働く」という意味を考え直す局面に来ています。今だからこそ、「人がやるべき作業」と「そうではない作業」を切り分け自動化することが重要です。
本セミナーでは、「RPA+AI-OCR」でどのようにテレワーク、働き方を良...