トピックス

トピックス

失敗事例から学ぶRPAを成功させる秘訣

失敗事例から学ぶRPAを成功させる秘訣

RPA導入時に大抵の意思決定者は「成功事例」を求めてくるものだが、実は成功事例よりもその裏に隠れた「失敗事例」のほうが学ぶものが多い。成功事例はその組織ならではの条件で成功している場合が多いが、失敗は多くのケースに適用できるからだ。この記事では先人たちの失敗事例から学んでいくことにしよう。

RPAに適した業務、適さない業務は?

RPAに適した業務、適さない業務は?

RPAによる自動化を検討する際に、いくつかの観点でRPAによる自動化をすべきか、他の自動化の手段を検討すべきか、あるいはアウトソースに出すのか、派遣社員を雇ったり従業員がやったほうがいいのか、という件等を行うことになる。その際に検討すべき事項や一般的な判断基準について見て行こう。

業務プロセスの簡素化:インテリジェント オートメーションがビジネス課題を解決する手段になる

業務プロセスの簡素化:インテリジェント オートメーションがビジネス課題を解決する手段になる

さまざまな分野で活用が期待されている AI は、RPA と組み合わせても、人の脳と同じような働きができるようになりつつある。これに伴い、AI を搭載した RPA がインテリジェント オートメーションと呼ばれ、経営者がビジネス課題を解決する手段となり、ビジネスの成長をより加速させるのに役立つ存在...

RPA導入にかかる費用と費用対効果の計算方法

RPA導入にかかる費用と費用対効果の計算方法

RPAソリューションを選定する際に、検討要素の一つになるのが費用であろう。また、その結果どういった効果が得られるのかという目的をどこに持つかも重要な要素となってくる。この記事では、費用の計算方法や費用対効果を計算する手法を紐解いていく。

RPAと無料自動化ツールの違いは?

RPAと無料自動化ツールの違いは?

RPA (ロボティック・プロセス・オートメーション: Robotic Process Automation)の導入を検討する際に、比較対象としてあがってくる可能性があるのが、SeleniumやSikuliXなどのオープンソースの自動化ツールだ。また、UWSCといったフリーウェア/シェアウェアや...

iPaaS (アイパース) とは? RPAとの違いは?

iPaaS (アイパース) とは? RPAとの違いは?

ソフトウェアの世界での自動化を語るうえで、RPAに加えてiPaaS (Integration Platform as a Service)という言葉も出てくることがある。最近は大企業のインフラとしてもクラウド (SaaS、PaaS、IaaS) が使われることが多くなってきているが、iPaaSは...

RPAとマクロ/VBAの違いは?

RPAとマクロ/VBAの違いは?

RPA (ロボティック・プロセス・オートメーション: Robotic Process Automation)の導入をする際に、引き合いに出されるかもしれないのがマクロやVBAである。「自動化ならExcelのマクロやVBAでもできるのでは?わざわざお金を払ってRPAを導入する意義は何なのか?」と...

図解: RPAとAIの違いは?

図解: RPAとAIの違いは?

RPA (ロボティック・プロセス・オートメーション: Robotic Process Automation)について語る際に、必ず引き合いに出されるのが人工知能 (Artificial Intelligence: AI)である。おそらく、両方とも「ロボット」が人間がやっている仕事を賢く代行して...

RPAの「雇用形態」を分類してみた

RPAの「雇用形態」を分類してみた

RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション:Robotic Process Automation)を利用すると「デジタルワークフォース」として、パソコンの中にデジタル従業員が派遣され、手順が決められていて繰り返し行う定型作業等を人間の代わりに実施してくれる。その正体はソフトウェアロボット...

野良ロボットを発生させないために気を付けること

野良ロボットを発生させないために気を付けること

RPAを運用していてしばらくたつと出てくる課題として「野良ロボット」が発生するということが良く挙げられる。野良ロボットとは、管理者がいないソフトウェアロボットの事で、動作していることが組織から把握されないロボットの事である。

RPAによる時間効率化の目標はどれくらいが適切なの?

RPAによる時間効率化の目標はどれくらいが適切なの?

RPAの事例で良く出てくるのが「RPAを〇〇の業務に適用したことにより年間△△時間の業務を削減」という見出しである。この「年間△△時間」という数字、発表される事例によって50万時間などという巨大な数字から、74時間といった小さな数字まで、事例によって記載されている数字の大きさや桁は様々である。...