トピックス

トピックス

今後のRPAの使われ方はどの方向に向かうのか?

今後のRPAの使われ方はどの方向に向かうのか?

2021年、この年はRPAの歴史において転機の年となるだろう。一番大きな出来事としては、3月にマイクロソフトがRPAであるPower Automate DesktopをすべてのWindows 10ユーザーが追加費用無しで利用できると発表したことである。いままで結構な値段を払わないと入手できなか...

RPA内製化は企業文化の変革

RPA内製化は企業文化の変革

組織でRPAの導入を行う際、その手法として外部委託/外注するか、内製化するか、の選択を迫られることになる。RPAを導入する際には内製化が推奨されていることもあるが、実際に内製化を実践した企業はどれくらい苦労して導入したのだろうか。また、内製化は結果的に成功したのであろうか。この記事では、内製化...

G2 Grid for RPA Winter 2021 でAutomation AnywhereとUiPathがリーダーの2強に選出

G2 Grid for RPA Winter 2021 でAutomation AnywhereとUiPathがリーダーの2強に選出

G2 Gridは、世界最大級のテックマーケットプレースのひとつであるG2が、ユーザーコミュニティの製品や製品ベンダーに対するレビューに基づいて顧客満足度と市場プレゼンスの点数を四象限に反映させたものだ。四半期ごとに分野ごとに表彰を行っているが、2021年冬のRPA分野の結果が公開されている。<...

RPA外部委託で失敗しないために

RPA外部委託で失敗しないために

RPA はプログラミング経験がない現場ユーザーでも比較的簡単に業務を自動化できるということで人気を博した。そのため、RPAを導入する際には、基本的には自社の従業員による内製を前提にプロジェクトが組まれることが一般的である。一方、外部委託 (外注) をする選択肢も時には必要となるだろう。ただ、外...

クラウド型RPAとは?その分類を解説!

クラウド型RPAとは?その分類を解説!

情報技術インフラを導入する際に、クラウドで導入するケースがかなり一般的になってきている。ロボティック・プロセス・オートメーション (Robotic Process Automation : RPA)の導入についても、クラウドで導入することが増えてきており、RPAツールベンダー各社はどこも「クラ...

2021年大胆予測!RPAの価格は今後どうなる?

2021年大胆予測!RPAの価格は今後どうなる?

RPAは幻滅期の底を過ぎ、日本においても普及期に向けて展開が進んでいる。日本企業における普及率は2019年11月時点の情報で、中堅中小企業で25%、全体で38%というデータがある。今後、RPAが中小企業も含めて広く広がっていくかどうかは、いくつかの要素がカギを握っていると考えられているが、その...