トピックス

RPAは2021年度も投資継続予測、コロナ対応とデジタル・シフトが製品・サービス投資を牽引、「IT投資動向調査2021」

RPAは2021年度も投資継続予測、コロナ対応とデジタル・シフトが製品・サービス投資を牽引、「IT投資動向調査2021」

ITRが12日に発表した「IT投資動向調査2021」の結果によると、RPAは2021年度に新規導入/投資増額が期待される上位10製品・サービスに引き続き入っている。RPAの投資増減指数は、2018年の調査以降、毎年上位にランクインしてるが、2021年度も追加投資の継続が予測される。

ボッシュ、グローバルでのRPA標準としてAutomation Anywhereを選択、業務改善のツールとしてだけでなく、障害者の自己実現を強力に支援

ボッシュ、グローバルでのRPA標準としてAutomation Anywhereを選択、業務改善のツールとしてだけでなく、障害者の自己実現を強力に支援

世界トップクラスの自動車機器サプライヤーとしてグローバルに事業を展開、日本では1911年より事業を開始したボッシュ株式会社。自家用車や商用車、複合輸送サービスなどに活用される自動車関連機器を手掛けるモビリティ ソリューションズを中心に、産業機器テクノロジーやエネルギー・ビルディングテクノロジー...

RPA導入後に直面しがちな課題とその解決策は?

RPA導入後に直面しがちな課題とその解決策は?

先行して導入した企業の中には、期待していたほどの効果が出ない、管理で困っている、などの課題や悩みを抱えている企業が少なくない。RPA導入の早期段階では、価格や手軽さ重視でRPAツールを選定してツール導入を行ったために発生している問題もある。この記事では、RPAを導入後に起こりうる典型的な課題を...

RPAに自動化を任せるとなぜ簡単になるのか

RPAに自動化を任せるとなぜ簡単になるのか

パソコンの操作を自動化するには、RPA (Robotic Process Automation:ロボティック・プロセス・オートメーション) の他にもExcelマクロ、Python、Power Shell等、昔から様々なツールが存在する。RPAで自動化するとなぜ自動化が簡単になるのか、いろいろな...

RPAとノーコード/ローコード開発ツールの違いは?

RPAとノーコード/ローコード開発ツールの違いは?

2020年は様々なツールベンダーが、いわゆる「ノーコード」「ローコード」ツールをリリースした。AWS、Google、マイクロソフトといった大手プラットフォームベンダーから新興ベンダーに至るまで、数十種類にもおよぶツールが存在し、大手顧客もこれらを採用する動きが高まっている。このノーコード/ロー...

【本日から】オンラインイベントリレー 2020 Autumnが始まります

【本日から】オンラインイベントリレー 2020 Autumnが始まります

「リモート勤務/人材不足」など企業が抱える課題をAI,RPA,クラウドといった最新テクノロジーを軸に解決の糸口をご紹介する10本を超えるウェビナーを放映する1週間「オンラインイベントリレー2020 Autumn」が本日夕方16:00の基調講演を皮切りに始まる。この記事ではこの1週間の見どころを...

IFTTTが無料プランを縮小、無料iPaaSユーザーの移行が進むか?

IFTTTが無料プランを縮小、無料iPaaSユーザーの移行が進むか?

IFTTTは9月中旬に有料のIFTTT Proプランを披露し、無料プランは最大3つのアプレットまでに制限すると発表した。有料プランは月額9.99ドルだが、利用者側が最初の一年間の価格を設定できる特別オファーが10月7日で期限切れとなり、いよいよ本格的に有料プランが開始される。